探索型ホラーゲーム『Ib(イヴ)』について解説!フリー版とリメイク版の違いは?

探索型ホラーゲームの『Ib(イヴ)

Ib(イヴ)』が登場した時は『青鬼』『獄都事変』『クロエのレクイエム』などRPGツクールで制作されたフリーホラーゲームが流行っていました。

当時中学生だった私は、フリーホラーゲームを幅広くプレイしていました。

魔女の家』『霧雨の降る森』など探索系のホラーゲームは、マルチエンドが多いので全部のエンディングが見たくなっちゃいます。

『Ib』はトゥルーエンドが見たいがために、何時間もプレイしていた記憶です。

その『Ib(イヴ)』が2022年4月11日、リメイク版がSteamにてリリースされました。

リメイク版を開発中という告知された時、『またIbがプレイできる!!!』と私はとても歓喜したのを今でも覚えています。

リリース日に販売画面でずっと待機したくらい、リメイク版を楽しみにしていましたので、メニュー画面のBGMを聴いた時、すごく感慨深かったです。

今回は探索型ホラーゲーム『Ib』について解説していきます。

『Ib(イヴ)』とは?

ある日、両親と一緒に美術館を訪れたIb。

美術館では「ゲルテナ」という作家の展覧会が開催されていて、絵画や彫刻が展示されています。

先にひとりで作品を見ていたところ、途中から美術館の中には両親も他のお客さんもいなくなっていました。

不気味な美術品に導かれて、Ibは美術館の奥へと迷い込んでいきます。

美術館の中での行動や選択によって、結末が変わるマルチエンディングの作品です。

2012年2月に作者のkouriさんがRPGツクール2000で個人制作したゲームです。

ゲームの難易度は高くなく、公式サイトでは攻略情報も公開されているのでゲームが苦手な方や謎解きが苦手な方でも気軽にプレイができるようになっています。

フリー版では有志により英語版やイタリア語、ドイツ語、フランス語などの翻訳もされており、日本のみならず海外でも人気があることが分かりますね。

リメイク版では、2022年5月に英語版、7月には韓国語版・中国語版でプレイできるようになっています。

フリー版は、RPGツクール2000で制作されており、現在ではサポート終了しているのでプレイできない方が多いのではないでしょうか。

リメイク版はこういった声があり、制作されたんじゃないかと思います。

現在でもフリー版は公開中ですが、Windows10だと動作が不安定な場合があるようで、公式サイトでWindows10で起動する方法が案内されています。

私もサイトを参考にして起動しようと思いましたが、できませんでした・・・。

Windows8では起動できたのでWindows10より前のバージョンであれば、フリー版をプレイをしてからリメイク版をプレイするのがおすすめです。

『Ib(イヴ)』のキャラクターがとても魅力的!?

『Ib』のメインキャラを紹介します。

Ib(イヴ)

9歳の女の子で、両親と一緒にきた奇妙な美術館に迷い込んでしまう。

そこで見つけた赤い薔薇の花びらが全て散ると死んでしまう。

プレイヤーが動かすのであまりしゃべらないですが、迷い込んだ美術館でひとりで進んでいたりと勇敢な部分があります。

Garry(ギャリー)

Ibと同じように奇妙な美術館に迷い込んだ男性で、喋り方がオネエ。

青い薔薇を持っており、一緒にいるとIbが読めない難しい字を読んでくれたり、重い物を動かしてくれたりしてくれます。

オネエ口調ではありますが、男前な場面もあるので人気が高く、少しおっちょこちょいな部分もあって魅力的なキャラクターです。

Mary(メアリー)

美術館で出会った少女で、無邪気で人懐っこく明るい性格をしています。

黄色い薔薇を持っており、可愛いものや遊ぶことが大好きです。

明るい性格をしていますが、少し闇を感じる部分があるので、そこがギャップがあり魅力的な部分です。

フリー版とリメイク版の違いは?

Ib(イヴ)』のフリー版とリメイク版の違いを3つ解説します。

①無料から有料へ

一番の違いは有料になったことです。

ですが価格は1300円と高くもないので、買いやすいと思います。

他のフリーホラーゲームの『魔女の家』や『ゆめにっき』のリメイク版も有料になっています。

フリー版から格段にグラフィックや機能も上がっているので、有料になるのは妥当だと考えられます。

②グラフィックの向上・ズーム機能

Ib(イヴ)』は10年以上前に公開された作品なので、解像度はそこまで高くないと思われます。

リメイク版では、グラフィックの綺麗さが向上しており、画面も大きくなっているので、フリー版より見やすく変更されています。

また、ズーム機能が追加されており、小さなアイテムが見やすくなったり、美術品を少し大きくして鑑賞できるようになったりと細かいところまで見れるようになっています。

③同行キャラとの会話の追加

同行しているギャリーやメアリーと会話できるシステムが追加されています。

フリー版は決まった場面しか会話できなかったので、いつでも会話できるのはいいシステムだと思います。

会話は雑談や謎解きの後のリアクションなど、さまざまな会話が見られます。

この他にもBGMが一部変更がされており、フリー版をプレイした方はその違いを探すのも楽しいかもしれないですね。

フリー版のメアリーのテーマは結構好きだったので、新しく変わって少し残念だと思いました。

ですが、新しいメアリーのテーマもフリー版と雰囲気が似ていたのでとても良かったです。

まとめ

今回は、『Ib(イヴ)』について解説しました。

クリア後には、追加ダンジョンをプレイできますし、今まで鑑賞してきた作品をまとめてみることができます。

また、作品をコンプリートすると何かが起こるようなので、全部の美術品をあつめる要素もあるので、ストーリー以外も楽しむことができます

気になった方はぜひ、『Ib(イヴ)』をプレイしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。